小宮山工介館長プロフィール

長野県上田市出身。空手家。国際空手道北斗会館館長。

幼稚園の時に父の道場である北斗会館で空手を始め、以降さまざまな空手大会にて計60回以上の優勝を重ね、2005年と2006年の極真会館全日本ウェイト制選手権でベスト8入りを果たす。

2007年にRISEでプロ格闘家としてデビューし、2011年2月にはRISEスーパーフェザー級王座を獲得。

2014年には各団体の王者やトップ選手が出場するBLADE FC JAPAN CUP -61kgトーナメントに参戦し優勝。

現在はK-1を主戦場に現役選手として活動しながら、国際空手道北斗会館館長の館長としても格闘家の指導にあたる。

Twitter
K-1公式サイト

youtube

スポーツ庁様「武道ツーリズム」
プロモーション動画

東武鉄道様
TOBU NOASOBI EXPERIENCE – Winter | 雪山編

雑誌取材一覧